教育現場における誹謗中傷・風評被害対策と法律の整備

教育現場にもネット世界との接し方の早期教育が求められている

インターネット上で語られる批評や感想、日記などの内容の中には、残念ながら誹謗中傷に該当してしまうようなものも含まれています。インターネットは表現の自由というものが比較的許されているものになりますが、全世界に公開、発信されてしまう以上、法律上、許されないラインという物が存在します。

最近では小学生のいじめ問題と関連して、学校裏サイトと呼ばれる特殊なサイトの存在が取り沙汰されています。これと関連して、早い内から免疫を付けるべきだとして、小学生の頃からSNSやTwitterなどの使い方、ネット世界との接し方を学ぶべきだという議論が起こっています。幼い頃から人としてもある一定のモラルを順守した上で、ネット上の情報発信ツールを使いこなしていく姿勢が求められています。いまや子供たちすらもが何らかのかたちで風評被害やネットの暴力、誹謗中傷やいじめの被害をこうむっているような状況です。

だからこそ専門的な知識を持つ教育者が、法律的な知識を持つ弁護士と相談しながら早期教育をすすめていく、といった方法が教育現場にも求められているのです。

弁護士に相談するなら:ネットの誹謗中傷・風評被害は対策ネット | 弁護士への法律相談も

個人を特定きる情報などがネット世界に蔓延することを未然に防ぐために、セキュリティ対策の強化を

またインターネットの特質として世界中とつながっているということもあるので、仲間内でふざけて写した写真が第三者に渡り、個人を特定できる情報と共に流出し、ネット世界に蔓延する、という事態も考えられます。そのため未然にこれらの事態を防ぐべく、対策を打ち出していくことがポイントにもなります。

さらに対策の中でも情報セキュリティ的な方向からのアプローチがオススメであるという話が出てきています。そもそもインターネットに繋がらないようにする、アクセスできないようにする、そういった情報コントロール、コンピュータ関連のセキュリティ対策を強化していく動きが出ています。

社会的に見て良好な関係がネット上の言論の場でも築けるような環境を目指していくことが鍵

法律上のスタンスとしては、ひと昔前の法律では想定していなかった事態がいまではそこら中に溢れています。存在しなかった要綱もあるので、時代に合わせて皆で法的な対策や措置も検討していくことが重要となるのです。日本人に共通している「皆でルールを守る」といった意識を大切にしていくことも大事な時期に来ています。

SNSの台頭により互いの意見をぶつけるような場が増え、表現の中身にも厳しい意見が注がれています。相互不信を超えて、社会的に見て良好な関係がネット上の言論の場でも築けるような環境を目指していくことが鍵となるのです。

社会を不安にさせるようなストーカーのニュースもここ数年では増えていることから、発信者の人権や生活を守ることも求められています。ネットの風評被害者を守る弁護士たちの活躍はインターネット上でも、地域社会でも、状況を良い方向に変えるポジティブな影響を与えています。ひとりひとりが自分の意見や自分の立ち位置を明確にし、表明した上で相手の立場を考えて議論を深めることが求められているのです。

最新記事